開 始

禁漁になってから、休日は何かを作っています
早く開始しなければいけない作業も、ようやく始まり
『開始』
PA190039.jpg
来期に向けたルアー作製が本格稼働いたしました。
稼働前の準備も入念に済ませており、ここから先は作業に専念できます

続きを読む

材 料

源流ナイフを作る作業のために、材料が届くのを待っていた
材料はインターネットでポチっとすれば購入できて数日で自宅に届く…
今更ながら便利な世の中です。
『材料』
PA140016.jpg
そして、足りなかったカイデックスシートを必要サイズに切り出したのが上の写真で...
ナイフにテックロックを付けるためのベースを作るカイデックスシートです。
待っていた材料が揃ったので、源流ナイフを完成させます!

続きを読む

寒 露

今年は暑い夏でしたが、最近では暦通りに朝晩は少し冷え込んでいます。
そして、今日は体育の日ですが、お家で源流ナイフの続きです
『鞘』
PA080012.jpg
グリップは昨日削って、木固めエースで2回目の処理をしてから就寝し、お昼過ぎからナイフにセットする。
出来たグリップはウォールナットの木地の色も良い感じに仕上がりました。
そして今日は、写真のシースを作製です!

続きを読む

作 業

渓流釣りも禁漁に入りましたが、休日には来期に向けた作業を開始しています
今日は源流用ナイフを変更するために、揃えた材料を使って・・・
『作業』
PA070020.jpg
ナイフをどれにしようか?悩みながら選んでいたのですが、ナイフを決めて自宅に届くまでに材料等も併せて購入しておりまして・・・
今回は届いたナイフと材料を使って、グリップの作製です。

続きを読む

神無月

2018年の渓流釣りが終了して3日経つ、休日の過ごし方はすっかりと変わり
『胡桃』
P9260010.jpg
解禁から撮り貯めた写真の整理をしたり、渓流装備を再確認したりと、意外とバタバタと時間は過ぎていきます
そんな中でも来期に向けた渓流準備は進んでいます。

続きを読む

雨 渓

釣行2日目の朝、目覚めた時には雨は降っていない。
天気予報を確認するため、テレビを点けて予報を確認するが、曇で雨は降らないとのこと
支度を済ませて、ジムニーで今回の目的の渓へ向かう
『雨渓』
P9270094.jpg
ジムニーを停めて、着替えている途中から小雨が降り出す…
雨が降っても行くと決めているので、雨の渓に予定通り入渓する
今回も雨の源流を1人で遡行します!

続きを読む

確 率

9月末・・・禁漁までにあと何回?釣りに行けるのか?そんなことを考えながら、また夜道をジムニーで駆け抜ける
天気予報は晴れ後曇り、今はその予報を信じて走ります。
『確率』
P9260009.jpg
でもね…信じた天気予報に裏切られ、入渓は雨の釣行になる
予報の降水確率は10% 山の天気は分からない。
今回は雨の源流を1人で遡行します!

続きを読む

十五夜

目覚めと同時に窓から見えたのは、どんよりとした雲に包まれた空
起床して、直ぐに気象情報を確認すると、曇後雨とのこと、ならばと、何時もより早く準備を済ませて、目的の渓を目指す
『遡行』
P9240045.jpg
流れに着いて、準備を済ませると急ぎ足で入渓する
今日は昨日よりも気温が下がって寒い渓をJrと2人で遡行します!

続きを読む

秋 分

秋分のに向けて、前夜よりJrと2人で宿営地に向けて、ジムニーを走らせる
宿営地での目覚めは霧の中で…準備を済ませて霧の中を駆け抜けて目的地に到着した頃には、綺麗な秋空の中
『秋分』
P9230001.jpg
準備を済ませて、綺麗な秋空の下 登山道を下って
ようやく到着した入渓地点より、Jrと2人で元気に遡行します!

続きを読む

秋 晴

久々に続いた晴天の空の下、渓流釣りに向うためジムニーを走らせる
道すがら、稲刈りの終わった田んぼと、稲刈りの後の秋の匂いを感じながら目的地到着して
『秋晴』
P9190021.jpg
今回の渓は、標高が高くのなので樹々の色はまだまだ綺麗な緑を発色している
流れの方は、どこも同じで水位が高い
今回は流れの速い緑の渓を1人で遡行します!

続きを読む