目 前

渓流解禁まであと2日・・・ようやく2019年が開幕します。
解禁に向けた準備も進めながら、まだ作業の続きを・・・
『渓流ナイフ』
P2270001.jpg
これまで作っていた源流ナイフに続いて、渓流ナイフの作業も続けていました。
渓流ナイフはモーラナイフのブレードを使用するので、先送りにしていたのですが、昨晩接着をしてから就寝しておりました。

続きを読む

木 工

渓流解禁を目の前にして、源流ナイフの作製作業も佳境に入る。
鋼材の切出しから削り出し、熱処理を済ませ、耐水ペーパーで磨いた後にすることは・・・
『木工』
P2200030.jpg
ナイフのハンドルにナチュラルウッドを使用するため、購入しておいたオリーブウッドに穴を開けて・・・

続きを読む

朝 雪

春の訪れのニュースをTV等で確認する。
今年は暖冬だと思っているけど、休日の朝散歩に山に行くと・・・
『朝雪』
P2177921.jpg
雪が消えてると思った山は、朝雪で再び白く雪化粧をしている。
雪好きワンコは雪を見るとテンションを上げて、何時もに増して元気に山を駆け抜ける

続きを読む

着 荷

源流ナイフと包丁の焼入れを大阪堺市の八田工業㈱さんへ送付したのが、月曜日で
水曜日の焼入れで、翌日の木曜に発送されて・・・金曜日に我が家に届く
『着荷』
P2150009.jpg
会社から帰宅して、真っ先に開けた状態です。
発送に使用した箱とプチプチにウエスも巻いて、写真のダンボール紙に両面包まれた状態で届いておりました。
このダンボールを直ぐに捲って中を確認する。

続きを読む

休 暇

日曜日から祭日を挟み、本日まで4連休でゆっくりした休暇を過ごしていました。
『休暇』
P2127904.jpg
休日の過ごし方は色々ありますが、今回の休暇で源流ナイフと包丁の焼入れを発送したり
雪山にワンコと一緒に夕日を見に行ったり…

続きを読む

焼 入

源流用の自作ナイフを手掛けてから、夜な夜なナイフを削ってきました。
作業時間は会社から帰宅してからになるので、約2時間程度です…
『削り』
P2100013.jpg
焼入れ前の耐水ペーパーによる削りを、休日のお昼に行いました。
削った後にウエスで拭き取って、昼の日射しで表面を確認する方が状態が分かりやすいので・・・

続きを読む

立山かんじき

2月に入り、渓流解禁に向けた準備が一気に進み出す
解禁直後の釣行には必ず必要になる、かんじきも使用に向けた準備が進み
『立山かんじき』
P2100002.jpg
手入れしながら使用していると、愛着が湧いてくる道具です。
左右で麻紐の色が違いますが、手前のカンジキは昨年の釣行時に切れたため、自分で麻紐を巻き直しました。
そして、今回はそれにワカンバンドを取付けます。

続きを読む

節 分

昔から巻き寿司とイワシを食べて、豆撒きもする。
恒例行事と合わせて、源流ナイフ作製も同時に進捗している
『節分』
P2030005.jpg
先日の状態から、毎日コツコツ作業は進めておりまして・・・
ようやく刃の部分は良い感じに仕上がったと思います。
ここから更に、削り作業を進めて行って

続きを読む