下 馴

雪が降ってから、少し融けては また降ってを繰り返す。
そんな雪のある状況なので、準備を済ませていたこいつを持って!
『立山かんじき』
P1220015.jpg
アマニ油をしっかりと塗って、時間を掛けて乾燥させたのでアマニ油独特の匂いも薄らいで
車に載せても気にならない状態になってます。
もちろん使用時の雪の付着も気になりません。
GyoNetBlog ランキングバナー
したならしをするのは、かんじきだけではなくて…
履く人のしたならしがメインなんですけどね。
『歩行』
P1220051.jpg
一人で歩くのもなんなので、ワンコと一緒にゆっくりと山を登る。
前回来た時は、かんじき無しで登ろうとしたのですが、結構足が沈んで思ったようにいきませんでしたが
今回は・・・! とても楽に登れます!!
渓流解禁日は絶対に必要な装備ですので、万全である事は確認できました。
私の体力も…まず、問題ないと思います。
今回は雪山登山に、渓流釣行を始めた頃に使っていた剣鉈を持っていきました。
『装備』
P1220035.jpg
渓流釣りを始めた頃、よく分からずに必要そうに感じて購入しました。
実際の釣行に持っていくと、サイズ(長さ)が大きくて、携帯するのに不便…その上、使う頻度が限りなく少ないので
早々に使わなくなりました。
前回、山を登った時に倒木が多かったので、久々に持ち出しました。
今ではキャンプの時の薪割りなんに使っていますが、行く場所に応じて装備交換の一つと考えております。
ワンコと一緒に約3時間 山を歩いて帰路について。
『雪道』
P1220059.jpg
下山道はアイスバーンで結構滑る状態…
四駆もブレーキを掛けると、2駆と変わらないので、ギヤを下げてエンジンブレーキでゆっくりと下る。
そこから、Jrのスノーボード用具を買いにウロウロとして…
夜になって始めるのは当然この作業。
『バルサミノー』
P1220060.jpg
カッターナイフで数タイプ削って。
あと少しでこの作業も終了予定ですが、今回はちょっと違った仕上げにしようと思っているので、もう少し続くかもしれません…
メインの2017年kawasemiミノーのボディーは昨年中に完成しているので、慌てることなく作業を進めます。
2017年になって、雪が結構降っているので、渓流は結構 雪積もってると思います。
解禁日が良い天気になりますように。