時 間

前日のうだる様な暑さの釣りから一変して、2日目は雨が降り出す前に一気に釣り登る釣行になる。

『時間』
P7120030.jpg
昨日同様に車を走らせる。
窓から入る風は暑くは無い物の、不快指数全開の風が入り…
それでも、目的地に到着し準備を済ませて渓に入ると、そこは別世界で。
今回は雨が降る前の渓を一気に駆け登ります!
昨日と別の河川に入渓する。
昨日との違いは水の流れが安定していること
数日前に降った雨の影響を受けて、水押しも普段に戻ったようです
水量が安定して、空が曇りだと渓魚の反応はとても良くて、送ったルアーへはいい感じでアタックしてくれる。

『岩魚』
P7120045.jpg
岩魚の活性は昨日と違いかなり良くて、ルアーに反応したら絶対に釣れる感じです。
今回の釣行にも、kawasemiミノーとkawasemiスプーンを使用しましたが、どちらにも良い反応がありました。
遡行を続ける中、天気予報では12時以降から降ると言っていた雨が10時前にはポツポツと降り出して…
そんな天気の中、ルアーに反応したのは・・・

『川サバ』
P7120034.jpg
久々にHITした川サバです。
これは、岩魚とヤマメの混合種でいわゆる雑種です。
ここ数年見かけませんでしたが、本日は3匹HITしました。
リリースし再び上を目指して遡行を開始する。

『渓相』
P7120054.jpg
オープンスペースで撮影したので分かりにくいのですが、雨降りの渓で谷を遡行すると少し怖い気持ちになり…
それでも、ロッドを振って釣りをしていると、不思議と怖くないんですよね。
しっかり集中できている証だと思います。

登るにつれて、雨足は強くなってきて、渓の流れは増水していることがはっきりと分かります。
そんな雨の中で反応したのは・・・

『ヤマメ』
P7120066.jpg
綺麗な色のヤマメですが、渓が暗いので写真がぼけても仕方ありません。
ここから先は、ヤマメの反応がとても良くなり、調子よく遡行していると、空から雷鳴が・・・
標高も高いので、頭上から響く雷を危険と判断して緊急脱渓!

脱渓して、山道を足早で下りジムニーを目指す。
その途中で綺麗な花を見つけて

『白』
P7120059.jpg
何て名の花なのか?いつも通りに分かりませんが雨に濡れて綺麗に見えました。
車に戻る頃には、雨足も強くなる。
ジムニーで林道を下り、下界に着く頃には雨は小雨に変わり・・・山頂のみ激しい雨が降ったという感じです。

雨が降り出すまでの時間を狙いましたが、今回は予想より早い雨になりました。
雷さえなければ釣りは続けるのですが、流石に雷は怖いですから。

それから、カルカッタコンクエストBFS HGのセッティングですが、セラミックベアリングでマグネットブレーキを調整することでいい感じのキャストが出来るようになりました。飛距離はこれまでのベイトリールの中で一番飛んでると思います。

リールの設定も完了したので、次の釣りも楽しみたいと思います。
次回も良い釣りになりますように。

□釣行日:2017年7月12日 □天 気:曇り後雨 □状 況:増水・気温:19.4℃・水温:14.5℃
□ロッド:kawasemiロッド □リール:17カルカッタコンクエストBFS HG
□ルアー:kawasemiミノー2017・kawasemiスプーン2015 □釣 果:岩魚 11匹 ヤマメ 7匹 川サバ 3匹