遠 雷

朝起きて、天気予報を確認する…天気は良いとのこと。
予報を聞いて、久々に早朝からジムニーを洗いピカピカにする
その後は勿論、身支度を済ませて渓に向かい

『晴天』
P7160011.jpg
予報通りの晴天の下、Jrと2人で渓を遡行する
水量も多くはないけれど少ない訳でもなく、気持ちの良い夏を陽射の下を
Jrと2人で遡行します!
今回の渓に着くまでに、渓流釣りをされている方を沢山見ながら林道を登り
普段あまり人に合わない渓も、連休で沢山の釣り師の方が居て。
渓に入っても、足跡は結構多めで…
それでも、渓魚の反応は悪くはないけど見切りも早い感じです。
遡行を続けて、ようやく・・・

『HIT』
P7160014.jpg
1投目で確認して、2投目でHITしました。
ポイントは完全に夏のポイントになり、ここから先は夏のポイントを狙いながら釣り登る。
Jrも少し苦戦中で・・・

『遡行』
P7160004.jpg
狙いはするけれど、なかなかHITまで持って行けず、色々思案中です。
渓によって、または狙う魚によって、少し違いはありますが、その違いが分かればいい釣りになるんですけどね。

そこからも、追ってくる渓魚をHITに持っていくことを試行錯誤しながら狙い続け・・・ようやく

『アマゴ』
P7160020.jpg
夏色の綺麗なアマゴをHITさせる。
とりあえず、1匹HITさせると、安心するのか、理解できたのか?HITは続き

『2匹』
P7160022.jpg
ポツポツとHITは続き・・・
私の方は、プロトレックの気圧計が一気に下がったことに気を付けながら状況を確認し
冷たい風が吹き出したので、天気が崩れると思い、脱渓を提案する。

『遠雷』
P7160002.jpg
何とか陽射は出ているけれど、どこからともなく遠雷が・・・ゴロゴロゴロと…
脱渓して、渓流装備から着替えた辺りから雨が降り出して
車を走らせると、空が光り、1秒でゴロゴロゴロ!
早めに脱渓して正解でした。
雷の豪雨の中、ジムニーを走らせて帰路につく。
やっぱり車を洗ったから雨が降ったのかな?・・・なんてね。
次の釣りは何処に行くか?天気と相談になりますが
良い釣りにしたいと思います。

□釣行日:2017年7月16日 □天 気:晴れから雷雨 □状 況:増水・気温:24.5℃・水温:15.5℃
□ロッド:kawasemiロッド×2 □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)・カルカッタコンクエスト50S(改)
□ルアー:kawasemiミノー2017 □釣 果:アマゴ 9匹