緑 陰

宿営地での目覚め、前日の夜はリールのメンテと追加で自作トリプルフックを巻いていた。
朝食と身支度を済ませると本日の目的地に向けて、ジムニーで走り出す
今回のポイントに到着して、早速入渓する。

『緑陰』
P8020057.jpg
前日の渓と違い、水量は豊富で水押しも強い
それでいて、夏の陽射も緑のスクリーンで守ってくれる
今回は緑陰の渓を遡行します!
今回は前日と違い、気温も低くて気持ちの良い風が渓の流れに乗って吹いてくる
ここまで快適な気温だと、遡行していても汗も出ない
そして、ポイントからの渓魚の反応はとても良くて。

『岩魚』
P8020053.jpg
岩場のポイントからは確実に岩魚が釣れる。
前夜に巻いた、自作トリプルフックはいい感じでキャッチしていく
何時も買っていたフックが売り切れていたので、別のにしたけど こっちの方が良い感じです。

その後も岩魚とヤマメが交互に釣れて

『ヤマメ』
P8020081.jpg
夏色の綺麗なヤマメがかなりの確率でHITして
岩魚よりもヤマメの捕食能力が高いので、流れが強くなるとヤマメのHITが増えると思います。

遡行する足元を確認しながら進んで行くけど、それは蛇の活動が活発になるからです
でも、今回は・・・

『ガマガエル』
P8020067.jpg
遡行する足元を確認した時に目に入ったのがこれです。
丁度足を乗せようとした岩で休憩中でしたが、一向に動く気配がないので他のルートで遡行して
登り始めて4時間 丁度お昼になったので昼食を済ませる。
小休止を終えて、再び遡行を開始して…

『HIT』
P8020091.jpg
お昼を過ぎると、陽射が急に強くなる
でも、緑陰の世界では心地よさは変わる事もなく…
入渓してから6時間半 今回の脱渓ポイントに到着したので脱渓する。

帰りの登山道は、陽射が直撃で一気に気温も不快度も上昇して

『雲』
P8020097.jpg
脱渓道から見た空には、大きな白い雲が浮かんでいる。
遠くでは入道雲も発達していることが確認できる

夏の空、夏の釣り 今しか出来ない釣りを楽しむ。
今回も良い釣りになった。
次の釣りも良い釣りになりますように。

□釣行日:2017年8月2日 □天 気:晴れ □状 況:増水・気温:21.4℃・水温:13.5℃
□ロッド:kawasemiロッド □リール:17カルカッタコンクエストBFS HG
□ルアー:kawasemiミノー2017 □釣 果:岩魚 11匹 ヤマメ25匹