皐 月

5月最初の釣行のため、自宅を出たのは3日の朝
前日に降った、まとまった雨の影響を考えて少し遅めの出発です。
『皐月』
P5030056.jpg
雨の影響を考えてはいましたが、行ってみるとさほどではなく
問題なく遡行できる状態です。
ただ…天気予報では雨は降らないと言っていましたが、入渓時には雨が降っていて・・・
今回は小雨の渓を1人で遡行します!
小雨の中を遡行して、最初のポイントで岩魚が釣れる。
リリースしてから再び登って、いかにもヤマメの釣れそうなポイントにルアーを送ると・・・
『HIT』
P5030069.jpg
元気にルアーに飛び出した、まだ少し錆の残るヤマメが釣れる。
HITの感じから、夏の釣れ方だけど体色がついて来ていない  
魚の状態を確認してから、もと居た場所にリリースして、そこから再び遡行して。

登ると各ポイントからは確実に渓魚の反応が有る。
今回はkawasemiミノーのリップの設定を変更した対応を持参し使用しているが、こっちの方が良いような気がする。
『証明』
P5030066.jpg
ルアーの仕上がりの良し悪しは、人がどうこう言うよりも、魚に聞くのが一番なので、こうしてルアーに手を加えて釣行で試しますが、いい感じでHITが続きます。
ルアーの確認をしながら、遡行を続けていくと・・・
『残雪』
P5030080.jpg
登るにつれて、足が冷たいと思っていると…やっぱりまだ残っていたんですね
残雪のポイントから更に登っても、渓魚の反応が止むことは無く
やっぱり、季節はしっかりと動いています。
『ヤマメ』
P5030087.jpg
脱渓前のポイントからHITしたヤマメです。
この辺りから、雨も止んで空は青空に包まれて
写真に新緑と青空を写そうと頑張った1枚です。
ヤマメをリリースして、脱渓道を一気に登って、そこから、ジムニーのもとへ山道を下る
ジムニーに着くと、寒いので早く着替えて、山を下る
『青空』
P5030095.jpg
朝の雨が嘘のように、すっきりと晴れて
綺麗な空を見ながら林道を下り、宿営地を目指して車を走らせる。
宿営地に着いて、ご飯を食べて温泉に入って体をしっかりと温めて
早めに寝ようとしていると、外からは雨音が・・・
明日のことは明日考えるとして、とりあえず就寝です。

□釣行日:2018年5月3日 □天 気:小雨から晴れ □状 況:増水・気温:15.4℃・水温:8.0℃
□ロッド:kawasemiロッド □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)
□ルアー:kawasemiミノー2018 □釣 果:ヤマメ26匹 岩魚 5匹