新 緑

前日、就寝前に降った雨も止んで、目覚めた時には晴天!
晴天に誘われるかのように、出発準備を済ませて渓に向かう。
『新緑』
P5040103.jpg
渓に着いて、入渓準備を済ませて、何時もより早めに山に入る。
目的の沢に着くまでに、オニヒカゲワラビの群生を越えて…
今回は1人で新緑の渓を遡行します!
入渓するまでの登りを越えると、そこから一旦下って沢に出る
沢に出て、最初のポイントにルアーを送るも、反応は全くなく…
それでも諦めずに岩下のポイントをルアーで直撃すると・・・
『HIT』
P5040099.jpg
綺麗な色の岩魚が顔を出してくれて
陽射を遮るものの無いポイントでも、しっかりとアタックしてくれる
いい感じです。
岩魚をリリースして、どんどん遡行をする。
今回の渓は高低差がキツイので、休憩を兼ねた釣行になって
休憩と言っても、岩魚の反応はとても良く。
『遡行』
P5040109.jpg
本流とそこから分かれる枝沢、どっちが良いか? 悩みながらの釣行ですが今回は、枝沢を選択
進路を変えた辺りから、空が急に曇り出し
予報では雨が降るとか言っていたので、少し気にしながらの遡行になり。
それでも、源流らしい魚が釣れると
『体色』
P5040117.jpg
枝沢に入ると、釣れる岩魚の体色が変わる
源流らしい色と言うか、顔つきも源流らしいと言うか?
釣れると嬉しくなる岩魚です。
そこから更に登ると、熊の糞を確認できて。
糞の感じからして、1週間は経っていると思われます。
熊鈴と源流ナイフを頼りに更に登ると、小さな溜まりが現れて
そこにルアーを送ると・・・魚影確認・・・アクション・・・HIT!
『源流岩魚』
P5040129.jpg
ルアーへのアタックの時もそうだけど、HITしてからのファイトも最高の時間で…
そして、目的のサイズを達成
岩魚の写真を撮って、観察してからもと居た溜まりにそっとリリースして、そこから、更に上を目指して登って行く
この辺りのまでくると、人が入らないのか活性はますます上がり。
更に上流を目指そうと思った時、空を覆った雲が我慢できずに雨が降り出す。
脱渓地点まではまだ倍以上の距離があり…進むか戻るか?
進む方が楽だけど、今回は戻ることに
『降雨』
P5040134.jpg
雨降りの中、これまで登って来た流れを下って行く
雨が降ると、岩が滑りやすくなり、熊との遭遇機会が増えるので、足元と辺りに注意をしながら下って行って
ジムニーまで到着する頃には、結構な雨足になって
寒さもあり、着替えてから帰路に付く
今回の枝沢、夏に再び攻めようと思う、今度は多分、Jrも一緒にね。
今回も良い釣りが出来ました。
次の釣りも良い釣り出来ますように。

□釣行日:2018年5月4日 □天 気:晴れのち雨 □状 況:増水・気温10.2 ℃・水温7.5℃ □ロッド:kawasemiロッド □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改) □kawasemiミノー2018 □釣果:岩魚 25匹