入 梅

目覚めは雨音、前日の夕方から降り出した雨が今も降り続いている。
頭では釣行は止めようと思っても、体はやっぱり釣行に行こうと言う…
『入梅』
P6060035.jpg
考えた結果、梅雨入りした渓にジムニーを走らせて・・・
今回は雨降りの渓を1人で遡行します!
雨の影響でキノコの活動も活発になり、入渓道のあちこちでキノコを見かける。
普段無い色が山に加わり、遡行の楽しさが1つ増える
入渓してポイントを探ると、こちらも雨の影響を受けて活発に活動するのは・・・
『岩魚』
P6060030.jpg
ルアーへの反応は、まさに夏そのもの
岩魚も瀬に出ていて高活性な事が分かります。
流れのそばでは、深い緑に色を変える
『苔』
P6060023.jpg
苔の勢いも雨の影響を受けて、一段と綺麗な緑を発色させる。
雨で薄暗い渓でも、とても綺麗に見えるので、晴天下だと良い写真が撮れると思います。
苔の上のポイントからも、もちろん反応は有り
『紋様』
P6060033.jpg
ルアーに元気にアタックした岩魚です。
岩魚が釣れると何時も確認する紋様ですが、虫食紋様のような感じもします。
同じ流れで、全く紋様の無い岩魚や、虫食紋様のような岩魚の居たり...
はっきりしたことはDNAを調べないと分からないと思うけど、何気に気になりますね。
その後も登って、お昼を過ぎた頃から雨の勢いが増してきて、ここを最後にと決めてルアーを送ると・・・
『HIT』
P6060038.jpg
良い色の岩魚がHITしてくれる。
水面を叩く雨の影響で、至近距離でも問題なくHITする
こちらも雨の影響だけど、増水しすぎると釣りにならないので、今日は丁度いいタイミングだったんだと思います。
『樹々』
P6060002.jpg
渓を包み込む樹々の緑が、光を届き難くさせるけど、雨も防いでくれる
暗い渓の遡行は、慣れないと気持ち悪い所もあるけれど、それはそれで楽しみの1つになっている自分が居る。
雨の渓、今年の梅雨はどれだけ雨が降るのか?
少し気になりますが、気にしても何も変わらないので、そのタイミングで判断したいと思います。
次の釣りも、良い釣りになりますように。

□釣行日:2018年6月6日 □天 気:雨 □状 況:少し増水・気温:16.0℃・水温:12.0℃
□ロッド:kawasemiロッド □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)
□ルアー:kawasemiミノー2018 □釣 果:岩魚 23匹