強 風

宿営地で迎えた朝、目覚めから不快指数の高い湿度になっている
せめてもの救いは、湿度をもたらしている強風が吹いていること。
『強風』
P6270045.jpg
支度を済ませ、曇り空の下をジムニーで駆けて目的地に向かう。
今回は湿度と気温の高い渓を1人で遡行します!
駐車地点にて、入渓準備を始める。
天気は曇りで、いつ雨が降ってもおかしいくない位にドンヨリとしている
渓流装備を身に着けると、そんなことはどうでもよくなる...
入渓して、最初のポイントにルアーを送ると・・・いきなりHIT!
『岩魚』
P6270048.jpg
昨日とは河川も標高も違うので、同じ岩魚でも色や姿も変わり
今日の岩魚は上品な彩に見えて来る。
岩魚の頭の紋様も少し変わり、しばらく観察してからリリースして、次を狙う。
曇り空だと、岩魚の活性がとても良くなるので、良いペースで岩魚が釣れる。
遡行を続け、標高も上がり、樹々に陽射しを遮られる頃になって、空は一段と曇り出す
『陽射』
P6270061.jpg
私の釣行は、そのほとんどが単独釣行なので、今ではあまり怖いと思うことはありませんが、渓流釣行を始めた頃はとても怖かったことを思い出します。
今怖い事と言えば、天気が変わって大雨になったり、落石や滑落が一番怖いことになりました。
そんな昔のことを久しぶりに考えながら、ポイントにルアーを送ると
『HIT』
P6270064.jpg
久々に綺麗なヤマメが顔を出してくれて
最近は岩魚を狙いに行くこと多いのですが、ヤマメの綺麗な彩を見ると何故か嬉しくなります。
ヤマメの色も夏色に変わっていて…
『流水』
P6270054.jpg
渓を流れる水の水温も、いい感じで夏の水温に変わっていきます。
廻りを包む景色や、ヤマメの色、そして水温が渓流の盛期に差し掛かった事を知らせてくれています。
もちろん、盛期の流からは、活発に行動すヤマメの反応も豊富で、楽しい時間が流れていきます。
楽しい時間も最後のポイントに差し掛かったので、ルアーのカラーを変えて送ってやる。
アクションを掛けて、狙いの場所でルアーにHITして…
『ヤマメ』
P6270065.jpg
狙い通りにHITした綺麗なヤマメに感謝して
観察と写真を撮ってから、元の流れに戻してやる。
そこから脱渓地点まで山道を登って、林道に出てからジムニーまでゆっくりと下って行く。
下りながら、昨日と今回の釣行で試した、ルアーのカラーを頭の中で整理しながら。
これから夏に向い、気温も上昇してきます。
今回のルアーカラーとは別に、真夏専用のカラーも今回のルアーに仕込んでいるので、そのTESTもしたいと思っています
次の釣行も、天気に恵まれて良い釣りになりますように。

□釣行日:2018年6月27日 □天 気:曇り □状 況:減水・気温:24.6℃・水温:16.0℃
□ロッド:kawasemiロッド □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)
□ルアー:kawasemiミノー2018 □釣 果:岩魚 8匹 ヤマメ 19匹