猛 暑

夏なので気温が上昇することは理解している。
それでも、上昇の仕方が・・・
『猛暑』
P7150046.jpg
暑くても、もちろん釣りには行きます。
そして今回は、Jrと2人で源流ルアー釣行に行きました!
出発したのは何時ものように、前日の晩
宿営地で宿泊して、明け方に準備を済ませて目的の渓の入口を目指してジムニーを走らせて、到着して源流の入口から入渓して、ポイントを確認しながら釣り登る。
入渓して直ぐに、Jrのロッドに反応が有り
『岩魚』
P7150003.jpg
暑くても岩魚達はとても元気で、ルアーへの反応もいい感じで続き
険しい登りも、楽しくなります。
『蝦蟇』
P7150041.jpg
登る足元には、ガマガエルが岩の上でじっとして・・・
何を考えてるのか?近づいても逃げない者や、離れてるのに水に飛び込む者の居る
水に飛び込まれると、せっかくのポイントがダメになるので、少し迷惑な気がします。
それでも、ポイントに着いて、どうやってルアーを送ってアクションを掛けるか?
考えながらの遡行が続き・・・
ここ! と言うポイントに着いて、ルアーをキャストするための立ち位置を考えて障害物を回避して投げる位置を確認して
そこまで確認してからキャストする。
着水して、アクションを掛けてやると・・・魚影確認!・・・そして
『源流岩魚』
P7150033.jpg
出た魚影とHITと同時にドラグが鳴ったので、尺越と分かった1匹です。
凛々しい顔が、源流岩魚らしさがあって
観察して、元居た流れに帰してやって。
一息ついてまた先を目指す。
最近ではJrも自分の釣りをするために、試行錯誤を繰り返して、色々と試しながら釣り登っています。
そんなJrにも・・・
『HIT』
P7150057.jpg
狙い通りにルアーを通して、最後誘って釣った岩魚です。
ルアーを通すコースで釣果が分かれるので、その辺りが分かって来ると、サイズも数も上がるし、自分で釣って、それを感じることがこれからの釣行で結果を残すために、遠そうに見えて、一番の近道だと思います。
その後も登って、滝も登って・・・
脱渓地点が近づいてきたので、周囲を確認しながら脱渓地点を探しながら釣り登る
『紫陽花』
P7150056.jpg
脱渓地点の手前で、まだまだ綺麗な紫陽花を見つける
ここで水分補給を済ませて、脱渓するが登山道までの登りが、とても険しくて…
流れを離れると、気温は一気に上昇して、汗が噴き出してくるけれど、一気に登りきる。
そこから、登山道を2人で下ってジムニーを目指すけど、道のりは遠く。
汗にまみれながら、山を1時間掛けて下ってジムニーに到着する。
そこから、着替えて再び宿営地に戻るけど、道路脇の温度表示は37度をさして…
そんな中を走り抜け、戻ると直ぐにご飯を済ませて、温泉に入って、早めに就寝。
明日の釣りに期待をして…

□釣行日:2018年7月15日 □天 気:晴れ □状 況:減水・気温26.5 ℃・水温15.0℃ □ロッド:kawasemiロッド×2 □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)・カルカッタコンクエスト50S(改) □kawasemiミノー2018 □釣果:岩魚 28匹