葉 月

3月から始まった渓流ルアー釣行も8月に入り、釣行期間も残り2ヶ月を切る
『葉月』
P8010003.jpg
解禁時は雪渓の輪カンジキ釣行から始った釣行も、今では暑さで汗が止まらない釣りに変わり
今回の釣行も、Jrと2人で暑い源流を遡行します!
今回も前日より家を出て、宿営地で温泉に入って就寝する。
翌朝、早めに起床し準備を済ませて、目的の流れを目指してジムニーを走らせる
到着後、入渓準備を済ませて登山道を登って・・・途中登山道から外れて流れを目指す。
流れに到着するまで、噴き出す汗が止まらず目に入る。
それを拭って、ようやく流れに到着し、ルアーを送ると・・・
『HIT』
P8010009.jpg
1投目で、岩の下から元気に飛び出して、ルアーにチェイスするので、最後は誘ってHITしました。
狙い通りに釣れた、気持ち良いHITです。
そこから、流れを登って・・・
登る流れも高低差があるので、かなり険しい遡行になり
『高巻き』
P8010024.jpg
滝を登ったり、岩場を登ったり・・・
何処を巻くか? 巻く前に下からしっかりと確認して巻いていく
苦労して、巻いた先で・・・
『尺岩魚』
P8010015.jpg
Jrにとって、今シーズン最初の尺岩魚がHITする。
送ったルアーで岩魚を誘って、最後は焦らしてHITさせたから、お見事!と言ったところです
釣れた岩魚を観察して、元の流れに帰してやる。
そして、そこから再び遡行を開始するけれど、水分補給のために小休止して
『渓相』
P8010005.jpg
脱渓地点はまだまだ先…岩を越えて、滝を越えて、流れを遡行する
岩を越えると、ポイントが現れ、そこにルアーを送って、探って遡行する。
途中で、持ってきた飲料水が残り僅かになるので、少し早めに遡行して
そんな中でも、しっかりと岩魚は釣れる
『夏色』
P8010031.jpg
夏の日射しに照らされて、綺麗な魚体が金色に光って見える
秋が深まると、真っ黒に変わるので、今が夏色だと思います。
ここから先も、遡行しながらHITも増えて、脱渓地点に到着したのでようやく脱渓して
そこからまた、ジムニーを目指して再び登山道を進む。
ジムニーに到着して、着替えを済ませて再び宿営地に戻り、ご飯もお風呂も早めに済ませて、早めに就寝。
明日の釣りが、良い釣りになる事を願いながら...

□釣行日:2018年8月1日 □天 気:晴れ後曇り □状 況:減水・気温24.5 ℃・水温14.0℃ □ロッド:kawasemiロッド×2 □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)・カルカッタコンクエスト50S(改) □kawasemiミノー2018 □釣果:岩魚 23匹