新 渓

宿営地での目覚め、明け方の気温は22℃で心地良い。
この気温も山間からお日様が顔を出すと一気に上昇するので、涼しいうちに身支度を済ませてジムニーを走らせる
『新渓』
P8020045.jpg
今回行った渓流は、地元の方から情報をお聞きし、絶対に攻めると決めていた新渓をJrと2人で遡行します!
夏の渓は何処に行っても減水気味で...今回の渓も例に漏れず減水している
減水時はポイントが絞れるので私は気に入っていますが、狙い方に少しだけ工夫が必要になります。
その所を踏まえて、ルアーを送ると・・・
『HIT』
P8020049.jpg
綺麗な色のヤマメが釣れる。
体は少しオレンジ色に変化して、一足先に秋を感じているみたいです。
ルアーを追う姿も居るポイントも、完全に夏のポイントなんですけどね
ヤマメをリリースして、再び遡行を開始して・・・流ればかりに意識を集中していると
『マムシ』
P8020043.jpg
Jrから足元に何か居るで! との声を聴いて
とっさに飛び避けましたが、そのまま歩いていると・・・考えたでけでゾッとします。
遡行の際の足元手元の注意を怠っていたので、気を引き締めて再び遡行開始です。
マムシに気を付けながら、流れを確認して、Jrがポイントにルアーを送ると・・・
『川サバ』
P8020059.jpg
久々に見ました! 川サバです
川サバは岩魚とヤマメのハイブリッドですので、この渓には岩魚もヤマメも居ると言うことです。
地元の方からは、昔は岩魚が居たが、最近では見ていないとのお話をお聞きしていましたが、これを見ると確かに居ると思います。
そこから、再び登ってポイントをチェックしても、反応は薄く・・・
そんな中でもJrはしっかりと釣っていて
『ヤマメ』
P8020053.jpg
こちらも綺麗な色を纏っていて、HITの後の引きも強くてよく走ったとのことです。
ヤマメの色を確認して、元居た流れに帰してやって
そこから再び渓を登るが、反応は薄く・・・期待していた岩魚の姿を見る事も無く
まだまだ登れそうだったが、空模様が怪しくなってきたので迷わずに脱渓する。
『夏空』
P8020062.jpg
今さっきまで晴天だった渓も、雨雲らしき雲に覆われて
プロトレックの気圧計が急降下して、冷たい風が吹いてきたので、何時もより、かなり早い脱渓でしたが、この判断は間違いではないことに直ぐに築きました。
夏の空、気温の上昇で大気が乱れ、激しい雨に見舞われましたが、そのころにはジムニーの中で問題なしでした。
そのまま、途中で温泉に寄って、汗と汚れと疲れを洗い流して、今回の釣行を振り返りながら帰路に着く
夏休み連泊釣行、まだまだ続きますが、思い出に残る釣りをしたいと思うので、次の釣りに向けて、道具のメンテナンスをしておこうと思います。
次の釣りも良い釣りになりますように。

□釣行日:2018年8月2日 □天 気:晴れ後曇り □状 況:減水・気温25.8 ℃・水温16.0℃ □ロッド:kawasemiロッド×2 □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)・カルカッタコンクエスト50S(改) □kawasemiミノー2018 □釣果:ヤマメ 5匹 川サバ 1匹