夏雨子

気温の上昇と共に、山には夕立の発生する機会も増え
昨日も釣行後に夕立に包まれた山に、今回も連釣で遡行する
『夏雨子』
P8120005.jpg
減水時に夕立で増えた水量のお陰で、良いサイズも動き出す。
今回は、少し水量の増えた渓をJrと2人で遡行します!
入渓早々に良いサイズがHITして、期待も高らかに遡行する
この後に、写真よりもはるかに大きなアマゴがHITするが、痛恨のバラシ・・・
大きくため息をついて、そこから先は気分を変えて再び釣り登り
『渓相』
P8120004.jpg
水の透明度も抜群に綺麗で、水量も増えているので、まだまだ期待は出来るはず
そう信じて釣り登り、キャストを繰り返しながら遡行は続き・・・
『HIT』
P8120010.jpg
大きなサイズと小さなサイズがルアーを取り合って、最終的に小さな方が釣れました…
よくある事だけど、大きいのは一気にHITしないと、警戒していると思うので、そんな時は直ぐにルアーを水中から飛ばしてやれば良いのですが、言葉にしても分からないと思うので、自分で感じて行動してほしいと思います。
その後も登ってHITは増えて、脱渓地点まで到着したので、脱渓してジムニーで移動する
『JB23』
P8120016.jpg
道路を走っても、林道を登っても、頼りになる存在で私の渓流ルアー釣行に無くてはならない存在になりました。
最近JB64を見かけるようになりましたが、まだまだJB23で釣行に行くと思います。
カスタムパーツや初期の不具合等を考えると、今しばらく様子見といった感じです。
林道で登った先にいる渓魚は・・・
『岩魚』
P8120019.jpg
この渓の岩魚は、ここ最近釣っている岩魚とは少し模様が変わる
釣れた魚を観察して、写真を撮って記録を残してからリリースする
この先も登って、脱渓ポイントまで釣り登り、そこから下ってジムニーまで戻る
車に到着した頃には気圧も下がり、冷たい風が吹いてきたので、そろそろ雨が降るかな?と話しながら走り出すと、空からはポツポツと雨が降り出す。
雨はしばらくすると直ぐに止んで・・・
『夏空』
P8120027.jpg
帰路の途中で、西の空から、雨と晴れの間にある空を見かけて
暑くても、夕立があると言うことは、季節は確実に変化していて
お盆を過ぎると少し涼しくなるのかな?
涼しくなると、また違った釣りになるので、それはそれで楽しみになります。
次の釣りは、夏か秋か?どっちのポイントで釣れるのか?
色々試しながら釣りをしたいと思います。
次の釣りも良い釣り出来ますように。

□釣行日:2018年8月12日 □天 気:曇り後雨 □状 況:平水・気温26.8 ℃・水温15.5℃ □ロッド:kawasemiロッド×2 □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)・カルカッタコンクエスト50S(改) □kawasemiミノー2018 □釣果:アマゴ 12匹 岩魚 8匹