小 渓

釣行5日目に遡行するのは、以前より地形図を見ながら行ってみたいと思っていた流れです。
この渓流は流れとしてはかなり小さな流れになり、普段なら絶対に行かない小渓ですが、今回は5連釣の締め括りに行ってみました。
『小渓』
P8190192.jpg
今回は小さいけれ高低差のある渓をJrと2人で遡行します!
水量の少ない流れを遡行して、狙えるポイントには確実にルアーを送りこむ
送り込んで、誘ってみると・・・魚影確認! そして・・・
『HIT』
P8190196.jpg
小さいけれど綺麗な魚体を見せてくれて
紋様も少し気になるところですが、まずは魚体を確認出来たので満足です。
魚影を確認できると、後は安心して釣り登るだけで
Jrもいい感じでHITさせていきます。
『岩魚』
P8190181.jpg
これから大きくなりそうな顔をしている、綺麗な岩魚が釣れて
色も最初に釣れた個体よりかなり違っていて。
同じ流れの中で、色が違ったり紋様が変わったり・・・よくあるのですが、何時も気になっています。
リリースして、遡行を再び開始する
遡行する足元には、何時ものようにこいつが眺めていて
『ガマガエル』
P8190190.jpg
石の上で微動だりせずにこちらを眺めています。
石化けしているのか?分からないと思っているのか?
写真を撮っていても逃げる事すら一切しません。
ガマガエルを避けて、遡行は続き
『彩』
P8190204.jpg
色は釣れる場所で違ってくるけれど、それ以外にも季節の変化を敏感に感じている魚や おっとりした魚がいるのか?
この季節になると、よく考えています。
ここから先も釣り登り、登る限界点に達したので下山を開始する。
夏休み5連続釣行
長いようで時間はあっと言う間に過ぎていきますが、5連続で釣行することで、Jrのキャストコントロールは格段と精度が上がりました!
これから終渓までには、キャストコントロールで釣果が分かれる場面が多々あるので、今後の釣りで結果が出ると思います。
『夏日』
P8190202.jpg
夏の思い出にはまだまだ早い、8月中にもう1回 連釣を計画しようと思います。
そのために、まずは道具のチェックとトリプルフックの自作をしたいと思います。
次の釣りも、良い釣りが出来るように。

□釣行日:2018年8月19日 □天 気:曇り □状 況:減水・気温23.6 ℃・水温16.0℃ □ロッド:kawasemiロッド×2 □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)・カルカッタコンクエスト50S(改) □kawasemiミノー2018 □釣果:岩魚 16匹