秋 風

釣行2日目の宿営地での目覚め、朝方の気温は布団が無いと寒い嫌いに下がる
出発準備を済ませて、目的のポイントへ向けてジムニーを走らせる。
『秋風』
P8300021.jpg
目的地に到着して、入渓準備を済ませ入渓地点までまた登山道を登って
今回は秋風の渓をJrと2人で遡行します!
昨日に続き、今回入渓した流れも減水気味で、魚の反応を確認しながら遡行して
ポイントにルアーを送ると・・・
『HIT』
P8300019.jpg
落葉の流れる水面下から、秋を纏った岩魚が釣れる。
ルアーへの反応は、秋と言うよりか夏の様相で・・・そう思って続けざまにポイントを狙うと反応が薄く
『渓相』
P8300022.jpg
曇ったり晴れたりの天気のせいか?苔の色も秋に向けっています
もちろん水温も気温も下がっているので、山は全体的に足早に秋に変わりそうで
遡行していても、昨日は湿度が高かったので、汗が止まりませんでしたが、今日は湿度も下がって秋風も吹いてとても気持ち良い遡行が続きます。
Jrキャストコントロール上がったことが起因して、確実にHITが増えていて
『秋色』
P8300023.jpg
良い面構えの岩魚もHITしています。
渓流や源流でのルアー釣行は、キャストで釣果が8割は決まると何時も言っていることが、実戦で理解してもらえたので私的に満足です。
今年のシーズンオフはJr用の源流ルアーロッドを新たに作製するので、シーズン中にデーターを取って良いのを作ってやろうと思います。
その後も登って、HITも続いて、良いサイズをバラシて ため息をついたり、ポイントへのアプローチを失敗したり
いい勉強が出来て、とても満足です。
そして、脱渓前のポイントにルアーを送って
『岩魚』
P8300037.jpg
減水の影響か?痩せた岩魚がHITする。
同じ河川で、いろんな色の渓魚が釣れるので、釣りながら楽しさを感じるところです
岩魚をリリースして、脱渓するために崖を登って...
『原生』
P8300016.jpg
登った先に原生の樹々が現れる。
何時からここにあるのか、この流れをずっと昔から見ている木に挨拶して
ジムニー目指して山を下る。
宿営地に向かう車中では、今回の反省や学びを語りながら楽しい時間が過ぎていく。
明日の釣りも、良い釣りになることを願って、早めに就寝する。

□釣行日:2018年8月30日 □天 気:晴れのち曇り □状 況:減水・気温23.4 ℃・水温13.0℃ □ロッド:kawasemiロッド×2 □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)・カルカッタコンクエスト50S(改) □kawasemiミノー2018 □釣果:岩魚 38匹