秋 霖

連休釣行に向かう、小雨が降る中 宿営地に向けてジムニーを走らせる。
宿営地にて、温泉に入って、体を温めてから就寝する…明日の出発は早いから。
『秋霖』
P9160015.jpg
早めの出発で、入渓は勿論早くなる
今回の釣行も、Jrと2人で小雨の降る秋の渓を遡行します!
雨が降れば水位は上昇して、気温も水温も下がる。
魚の活性もある日突然下がる時があるので、入渓して最初にすることは、渓魚の活性と着いてる位置の確認で
心配するよりも、ルアーを送れば直ぐに分かるのですが・・・
『HIT』
P9160002.jpg
最初に釣れた元気な岩魚ですが、元気が良すぎて写真を撮る隙を与えてくれません・・・
時間をかけて写真を撮ることはないので、この写真が本日に1枚目です。
その後も登って、ポイントをゆっくりと確認していくと
『夏色』
P9160005.jpg
夏色かな?と感じる岩魚がHITする。
個性があるのか、感覚が異なるのか、個体による違いを感じるのはこの季節が多いです。
『流水』
P9160009.jpg
流れを登って、最上流部でも水量は豊富で、この流れに乗って渓魚は流れを登る
最後の1滴まで登りたいと思っていましたが、生憎の天気で途中まで登る事として
ポイントからは確実にHITは続き
『秋色』
P9160011.jpg
僅かに変化した位置にルアーを送ると、確実に反応してくれます。
更に季節が進むと、体色はもっと黒くなるので、そんな岩魚も見てみたいと感じながら再び遡行を開始して
空が急に暗くなって、強い風が吹き出したので、ここらが今回の脱渓ポイントかな?と考えていると
『岩魚』
P9160017.jpg
最後のポイントで、Jrがとても綺麗な岩魚を釣る。
同じ流れの中で、これだけ色が番う岩魚を見ると、少しテンションが高くなります
特段居るポイントも違わないのですが、これもまた渓流釣りの楽しみの1つです。
写真を撮ってから、リリースし脱渓地点まで一気に下って
登山道を登って、下ってジムニーに到着する。
渓流装備から服に着替えて、寒いので車は今シーズン最初の暖房を掛けて宿営地に向けて車を走らせる。
その途中、雨は本降りに変わり、宿営地でご飯を食べて温泉に入っている時も降っていた
明日の釣りと、天気を考えながら早めに就寝…

□釣行日:2018年9月16日 □天 気:曇りのち雨 □状 況:増水・気温21.3 ℃・水温12.0℃ □ロッド:kawasemiロッド×2 □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)・カルカッタコンクエスト50S(改) □kawasemiミノー2018 □釣果:岩魚 19匹