霧 中

前日は雨が降る中の就寝となり、明けて釣行2日目の朝
雨は上がっているけれど、どんよりとした曇り空、天気予報では所によって雨が降るとの予報で...
とは言っても、もちろん行く時は行くんですけどね。
『霧中』
P9170057.jpg
目的地に到着するまでには、雨が降ったり止んだりの天気となり、完全に所によっての所の中に入ってます
今回は雨と霧の中をJrと2人で遡行します!
遡行を開始して感じることは、昨日の雨と今日の雨で明らかに増水していること。
それと、気温が確実に下がっていることは確実に分かります
そんな時に気になるのは、渓魚の反応はどうか?と言うことで
何時もより丁寧に、ルアーを送って探って行くと・・・
『HIT』
P9170037.jpg
送ったルアーにがガツン!と元気にアタックしてくれて、良い面構えの岩魚が釣れる
1匹釣れると、今日のパターンとが分かるので、後はそれを掘り下げて狙うだけで...
遡行のたびにHITを増やして、感覚が間違いないことを確認する。
『雨傘』
P9170059.jpg
入渓してから降り出した雨は、小雨になったり本降りになったり、時には少し止んだりと
かなり面倒な天気になり、その雨の影響で山には沢山のキノコが傘を差していて
廻りを確認しながら遡行を続けると、見た目で良い!と思うポイントに到着して
ここを狙うのはJrです。
しっかりとポイントを狙って、キャストを決めてアクションを掛けながらリーリングすると・・・
魚影確認! ルアーの後を追っている魚に誘いを掛けて・・・HIT!
『泣き尺』
P9170046.jpg
HITした瞬間は尺越!と思いましたが、計測すると・・・少し足らずの泣き尺の岩魚です。
泣き尺とは言え、良い表情の岩魚なので、満足の1本です。
来年また逢うことが出来れば、確実に尺になるので、それを期待しながらリリースして
そこからも、遡行は続き、HITも増やしてまた登る。
次に出たポイントは私が狙って
1投目・・・反応無し?
2投目・・・ガツン!?・・・???・・・HIT!
『尺岩魚』
P9170051.jpg
ルアーが着水して、アクションを掛ける前にHITしていました…
綺麗な色と模様を確認して、もとの流れに帰してやる。
本年6本目の尺岩魚ですが、釣れたことに感謝します。
その後も登って、更に大きな岩魚を掛けたのに、バラスJrを見ながら、脱渓地点に到着したので脱渓
『雨渓』
P9170058.jpg
降り続く雨に、ハンドルのグリップは乾燥することもなく
秋に入っても、苔の緑はまだまだ綺麗な色を発色して
写真を撮ったら、後は登山道を下ってジムニーに向かう。
霧中の渓、本来なら暗くて気持ちが良いとは言えませんが、今行かないと次来る時が今より天気が良いとは分からないので、行ける時に行きました。
渓流最終釣行に向けて、天気チェックとポイント選びは入念にしたいと思います。
次の釣りも良い釣り出来ますように。

□釣行日:2018年9月17日 □天 気:雨のち曇り □状 況:増水・気温18.5 ℃・水温11.0℃ □ロッド:kawasemiロッド×2 □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)・カルカッタコンクエスト50S(改) □kawasemiミノー2018 □釣果:岩魚 28匹