十五夜

目覚めと同時に窓から見えたのは、どんよりとした雲に包まれた空
起床して、直ぐに気象情報を確認すると、曇後雨とのこと、ならばと、何時もより早く準備を済ませて、目的の渓を目指す
『遡行』
P9240045.jpg
流れに着いて、準備を済ませると急ぎ足で入渓する
今日は昨日よりも気温が下がって寒い渓をJrと2人で遡行します!
曇空の影響か、高度が昨日より高いからか?寒いと思う位の気温に包まれる
高低差のある渓を遡行しても、汗すら掻くこともなく・・・
そんな流れは、渓魚の反応は昨日に比べると少し悪い感じで
それでも、狙い続けると・・・
『HIT』
P9240048.jpg
こちらも個体差があると言うか、反応の良い魚を狙って釣れば良い・・・そんな感じです。
夏と違って、暑さで登ることが嫌になる事もないので、ゆっくりと確実に狙いながら釣り登ります
『流水』
P9240055.jpg
途中にある滝越は、夏場は濡れても気持ちい良いけれど、今日は濡れるのが嫌で、別のルートを探しましたが、無かったのでシャワークライミングを決行!とても 冷たくて寒かったです!
そんな流れの先にあるポイントにルアーを送る
ルアーへの反応を確認して、2投目でHIT!
『岩魚』
P9240070.jpg
狙い通りにHITしてくれたので、満足の1本です
釣れる岩魚は水温も気温の差も全く気にしていない位に元気に反応してくれますが、釣れない魚はルアーを目の前に通しても反応無し…
そんな魚を狙っても仕方ないので、遡行距離を伸ばして、反応の良い魚を狙います。
その後も登って、そろそろ脱渓かな?と考えていた時にポイントを見つけ、すかさずルアーを送る
1投目・・・反応あり 2投目・・・HIT
『秋色』
P9240068.jpg
こちらも元気にルアーにアタックしてくれたしっかりと秋を纏った岩魚が釣れる。
表情も色も、秋の源流で出逢える岩魚をしばらく観察して、来年また逢えることを願ってリリースする。
ここからは、登山道に出るのに坂を登って、どうにか登山道に到着して
そこからジムニー目指して山を下る途中・・・
『十五夜』
P9240074.jpg
夕方なので月が見える訳でもないけれど、ススキが綺麗に顔を出していたので、夜の月に重ねたい気持ちになる。
ただ、今夜は曇り空のようなので、十五夜は見えないかな?
ススキは採らずに写真を撮って、再び山を下る
ジムニーに着いて、服に着替えてから、寒さの余り暖房を掛けて山を下る
今年の釣行も残すところあと数回、後悔しないように、準備と整備とチェックを確実に済ませておこうと思います。
次の釣りも良い釣りになりますように。

□釣行日:2018年9月24日 □天 気:曇り後一時雨 □状 況:増水・気温16.7 ℃・水温11.0℃ □ロッド:kawasemiロッド×2 □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)・カルカッタコンクエスト50S(改) □kawasemiミノー2018 □釣果:岩魚 19匹