確 率

9月末・・・禁漁までにあと何回?釣りに行けるのか?そんなことを考えながら、また夜道をジムニーで駆け抜ける
天気予報は晴れ後曇り、今はその予報を信じて走ります。
『確率』
P9260009.jpg
でもね…信じた天気予報に裏切られ、入渓は雨の釣行になる
予報の降水確率は10% 山の天気は分からない。
今回は雨の源流を1人で遡行します!
雨の渓も悪くはないけど、この時期になると雨で気温が下がるのであまり喜べない…
冷たい雨も、本降りと言う訳ではなく、小雨でシトシト降る感じです
そんな時でも、流れの中ではルアーに反応する影があって・・・
『HIT』
P9260014.jpg
この時期でも瀬についている岩魚が居る
大きく綺麗な尾びれで、強い流れを泳いでいる
気温が下がっても、まだ渓魚にはあまり関係ないようで・・・
『遡行』
P9260020.jpg
遡行する足元には綺麗に色付いた落葉が遡行路を彩り、雨が降り写真よりも暗い渓に明るさを感じさせてくれる。
岩に落葉はスリップの原因になるので、遡行には注意を払いながら釣り登る
その先のポイントでも、岩魚の反応はとても良くて、この時期のわりにHITは続いて行く
良さそうなポイントには、良いサイズが居て
『岩魚』
P9260060.jpg
ルアーへの反応は、夏とさほど変わらず一直線にアタックする。
そう思えば、一直線に泳いで来て、ルアーの目の前で急にストップして後を追ってくるけど、アタックしない奴もいて
この時期の釣りの面白さです。
パターンさえ掴んでしまえば、HITに持ち込むことも容易になり
『秋色』
P9260044.jpg
秋色の岩魚が釣れる前から、雨も止んで日射しが渓にも届いてくれて
日射しを受けて、綺麗な色はより綺麗に発色して
岩魚を観察してから、再び流れに帰してやる。
その後も登って、空が曇って、再び小雨が降り出す
『キノコ』
P9260050.jpg
遡行の先に、綺麗に群生するキノコを見つける。
匂いは完全にナメコなので、たぶんナメコだと思うけど、はっきり言ってキノコの知識は全くないのと、自然のままが一番良いと思うので…渓魚と一緒で撮るのは写真だけです。
キノコを後にして、登った流れをひたすら下って行く・・・入渓から約5時間
ジムニーまで戻って服を着替えて流れを後にする。
宿営地に向けて、走り出したジムニーに到着間際に本降りの雨が降り出し
日が変わる前まで釣り続ける雨音を聞きながら、明日の釣行準備を続ける
明日の釣りはいい天気なのか?降水確率は30%・・・
天気を気にしながら就寝する。

□釣行日:2018年9月26日 □天 気:雨後曇り □状 況:増水・気温15.4 ℃・水温12.5℃ □ロッド:kawasemiロッド □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)□kawasemiミノー2018 kawasemiプロトミノー □釣果:岩魚 28匹