雨 渓

釣行2日目の朝、目覚めた時には雨は降っていない。
天気予報を確認するため、テレビを点けて予報を確認するが、曇で雨は降らないとのこと
支度を済ませて、ジムニーで今回の目的の渓へ向かう
『雨渓』
P9270094.jpg
ジムニーを停めて、着替えている途中から小雨が降り出す…
雨が降っても行くと決めているので、雨の渓に予定通り入渓する
今回も雨の源流を1人で遡行します!
小雨の中の遡行、気温は昨日よりも確実に下がっている
水温も昨日の渓よりも冷たく感じられるが、雨の影響か?渓魚の反応は悪くない。
『ヤマメ』
P9270100.jpg
山を彩る落葉は、昨日の渓も本日の渓も綺麗な色を発色して
落葉の上のヤマメも、すっかり秋を意識した色に変わる。
ヤマメも昨日の岩魚同様に、元気の良い個体も居れば、警戒心を厳にする個体も居る
ルアーの着水で姿を隠す魚は釣れる訳もなく・・・釣れる魚を狙うためにまた遡行する
『足元』
P9270072.jpg
遡行する足元には落葉が敷き詰めれらて
綺麗な落葉を眺めていると、雨は容赦なく本降りに変わる。
本降りになっても、遡行は続け・・・
『飴色』
P9270088.jpg
飴色したこの時期ならではのヤマメが顔を出す。
ただ、この色のヤマメを見ると、渓流釣行の終了の色なので少し悲しい気がします
それでもまた、来年に再び出逢えることを願って、やさしくリリースして...
その後も遡行を続け、この渓でもまた
『キノコ』
P9270084.jpg
キノコも落葉と同じで、寒々しい景色に色を添えて
秋の渓を遡行する楽しみの1つです
他にもいろんなキノコが生えていて、沢山の色にあふれていました。
キノコを越えた辺りで、雨が止んで、日射しが渓に降り注ぐ
そんなポイントにルアーを送ると、1発でHIT!
『秋色』
P9270105.jpg
しっかりと秋色を纏った、綺麗なヤマメがHITしてくれる。
これから益々黒さを纏って、解禁の頃には錆に変わる
来年に向けて、ヤマメも準備を進めている
私もまた、準備を進めて行かなくてはいけない・・・そう思いました。
ヤマメをリリースして、再び遡行をしようか?考えましたが、再び雨が降り出したので
安全のために脱渓する。
脱渓して、本降りの中 下山してジムニーに着いた頃には小雨に変わり、服を着替えて暖房をかけて帰路に着く。
次の釣りは? 一応は行く予定はありますが、台風24号次第でどうなるか?
後悔しないように、毎回全力釣行しているので、それはそれで良いと思いますが、行けるものなら行きたいと思います。
次の釣り・・・行けることを願って。

□釣行日:2018年9月27日 □天 気:雨 □状 況:増水・気温14.0 ℃・水温10.5℃ □ロッド:kawasemiロッド □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)□kawasemiミノー2018 kawasemiプロトミノー □釣果:ヤマメ 16匹