開 始

禁漁になってから、休日は何かを作っています
早く開始しなければいけない作業も、ようやく始まり
『開始』
PA190039.jpg
来期に向けたルアー作製が本格稼働いたしました。
稼働前の準備も入念に済ませており、ここから先は作業に専念できます
作業に入る前に、必要な材料が足りなくならないようにしっかりと揃えており
『バルサ材』
PA190036.jpg
バルサ材は東急ハンズで選りすぐって購入します。
バルサは確実に自分の目で見て購入する方が間違いないので、インターネットでは絶対に購入しません
逆目や入皮等があるので、その辺りはしっかりと確認してから購入しますが、1回に買いだす量が結構あるので、3年は追加購入無しでも行けそうな気がします。
次に絶対に必要ステンレス線とウエイトですが、ステンレス線は以前に大量購入しているので、全然問題なく
あとはウエイトですが・・・
『ウエイト』
PA190038.jpg
鉛やタングステンにステンレス等 様々なウエイト素材がありますが、作製するうえでの最近のお気に入りは、タングステンウエイトです。
タングステンは比重が高いのが良いと思いますが、私は綺麗な形状がルアーに入れる時に楽なので使用しています。
こちらも作成時に切らさないように、まとめて購入です。
そして、本日もまた商品は届いて
『カイデックスシート』
PA190037.jpg
こちらのシートは、これからの使用になりますが、やりたいことがあるのでその為に購入しました。
黒以外も良い感じの色が出てると思います。
『木材』
PA190041.jpg
こちらの木材は、渓流ナイフ用に購入しました。
全体的なイメージをどうするか?まだ漠然としていませんが、思いついたまま購入しました
木材の組合せや、銘木等の使用も考えていますが、全体的なバランスが煮え切りませんが...
悩むより行動! ただその気持ちでとりあえず進めます。
それと同時に、今年まで使用していた源流ナイフ ベッカーBK2も改修しており
『BK2』
PA190042.jpg
グリップの感じを変更すべく、少し細めに改修中です。
細めに改修すると、現在のシースでは落下の心配があるので、カイデックスで新たなシースを作製します。
源流ナイフも完全に変更する訳ではないので、状況によってはBK2も装備選択肢の1つなるので、その辺りを踏まえて作業は進めます。
木を削る時間がこれから多くなるので、集中する時間が続きそうです。
解禁まで時間はあるので、確実な作業で進めていきます。