月 末

渓流釣りが禁漁になって1カ月が過ぎる...これから年末にかけて流れる時間が早くなる
来期用の渓流ルアー作製は、ゆっくりと時間をかけて・・・
『切出』
PA310002.jpg
作るルアーの数だけ下書きをして、その数を切り出さなければ作業は進みません。
今回の作製本数は60本の予定なので、その数×2本を切り出します。
切出しにはカッターナイフの黒刃を使用します。
刃が薄いので切味は抜群ですが、数本切り出すと刃先が欠けたり切味が落ちるので、こまめに先端部を下りながら切出しを続けます
『切出 2』
PA310003.jpg
カッターナイフを使用する目的は他にもあり、刃が曲がるので曲線の切出しがスムーズに行くことです。
ここからの作業は、黙々と集中して同じことを繰り返すので、時間が経つのがとても早く感じます。
切出し作業と並行に、接着剤と切出しナイフを手配して
『準備』
PA310004.jpg
ルアー作製用の接着剤は、アルテコを使用していたのですが、以前はホームセンターでも購入出来ていたのですが、最近では商品が販売されていないのでAmazonで購入です。
アルテコプライマーとの相性が良いので、個人的にお気に入りです。
それから、接着剤で張り合わしたルアーを削る時に使用する切出しナイフですが、こちらは、刃が曲がらない方が使いやすいので、切出しナイフを準備します。
『シース』
PA310007.jpg
切出しナイフについてくる、刃先のビニールケースは刃をしっかりと砥ぐと、先が出てきて危ないため
カイデックスでシースを作ってみました。
カイデックスは黒 ハトメはいつも通り艶消しの黒を使っても良かったのですが、今回はシルバーです
カイデックスシースであれば刃先が飛び出すこともないので、工具箱に仕舞う時も安心です。
あとはカイデックスシースの外周を綺麗に整えてやれば完成です。
『月末』
PA317651.jpg
気が付け夕暮に差し掛かり、ワンコと一緒に山を登る
気温も風も、秋から一気に冬に向いそうな寒さにつつまれて
これから先、天候も気温もどうなるのか?
季節の変化を感じながら、ルアー作製を続けて行こうと思います。
ゆっくり焦らずで進めます。