塗 装

連休での塗装作業のために、これまでのディッピング作業はしっかりと工程管理しておりました。
そして、本日からの連休に合わせて作業開始です!
『塗装』
PC230010.jpg
塗装にはエアブラシを使用するため、作業前の準備が必要になる。
そして、今回使う塗料の準備も済ませてから、塗装作業に取り掛かる
ハンドメイドルアー作製に際して、ディッピングや塗装時には溶剤を使用するため、健康維持のために必ず防毒マスクの使用する。
私は3Mの防毒マスクを使用しています。
防毒マスクを付けない日々が続くとルアー作製作業は完了します。
今回も防毒マスクを着用して、ルアーに色を入れていきます
『カラー』
PC230012.jpg
カラーリングをどうするか? 通勤途中に悩んでいましたが、結局いつもと同じカラーリングに落ち着きました…
基本カラーは同じでも、仕上げまでに少し手を加えることにして、本日は基本カラーのみ吹き付けてからセルロースで色止めして
『完了』
PC230013.jpg
写真ではアルミの反射で色が分かりにくいのですが、いい感じに吹けました。
ここまで済ませた頃から、空から雨が落ちてきて・・・
天気予報通りの空模様で、驚く訳でもなく計画通りに作業が進みました。
明日の作業で、仕上げ塗装になりますが、2日掛けての塗装は何年ぶりか?
例年ならば雪の降る中や雨が降る中の作業ですが、今回は気温も高くてすごし易く塗装作業日和で良かったです。
塗装が進むと、ゆっくりしてられない作業があるので そちらの作業も進めて
『UVレジン』
PC220003.jpg
前回の作業でシートからポンチで抜いた目の下地に、2液のエポキシ接着剤に黒を混ぜて立体的になるよに持って硬化させていました。
そのまま目として使っても良いのですが、レインボーシートの反射を利用するために、その上にクリアーをのせてよりリアルにするのですが、クリアーの素材はUVレジンを使います。
以前はエポキシ接着剤を使用していたのですが、硬化するまでの時間を考えると、UVレジンを盛ってUVライトを照射すれば固まるので作業効率が良いからです。
『作業』
PC220004.jpg
作業はUVレジンを爪楊枝の先で1つ1つ盛って行き、UVライトを照射・・・ネイル用のUVライトの中に入れて10分程度で完成します。
クリアーも綺麗で、作業性も良いのでお勧めです。
それで、今回作ったリアルアイです。
『完成』
PC220005.jpg
いい感じに出来上がりました!
後はルアーの塗装が完成すれば、2019年モデルのkawasemiミノーのボディー作製は完了します。
ゴールが見えて来たので一安心です…
ゴールが見えてくれば、解禁までにする作業が始動します・・・
今度の作業は・・・ナイフじゃなくて・・・ロッドです。
どの作業も慌てず焦らず良いのを作ることを目指します。