花 冷

4月に入っても寒の戻りの影響で、各地で雪が観察されています。
なので今回は雪の影響のないポイントを選んだつもりですが・・・
『花冷』
P4030016.jpg
目的地に到着して、入渓準備を始める頃から雪が降り出し・・・
前回同様に寒い中での着替えになりました。
今回は雪の降る渓を1人で遡行します!
遡行を初めて、ルアーをポイントに送っても、渓魚の反応がとても薄いことが直ぐに分かる...
寒さもあるが、この時期にしては珍しい減水も影響していると思わる。
『雪渓』
P4030010.jpg
雪渓と言っても、ここ2日前からの冷え込みで降った雪なので、大した雪ではありません
雪が止んで、少し雲の隙間からお日様が渓に届くと、辺りは春の様相に包まれて
ルアーを送ると・・・
『HIT』
P3100009.jpg
冷たい水の中から、綺麗なアマゴが顔を出す
写真を撮っている時には、日射しが届いて良い感じの光を浴びていますが、気温は低くて・・・
リリースしてから再び遡行を開始すると、また雲に覆われる
『気温』
P4030018.jpg
春の気温から程遠い気もします
それでも釣りに行くので、色々と試しながら釣り登ります。
試すと言っても、いつも通りにkawasemiミノーのチェックをしているだけですが・・・
今回はルアーへの反応が薄いので、その辺りを意識しながらアクションを掛けて、試行錯誤しているとようやくルアーに反応があり
『アマゴ』
P3130018.jpg
朱点の綺麗なアマゴが釣れる。
ルアーへの反応はこれまでの釣行で1番悪い状態でしたが、少し攻め方を変えてHITに持ち込めました。
その後も登って、脱渓地点まで到着したので脱渓・・・
『帰路』
P4030012.jpg
脱渓してから山道を下山する
この辺りから再び分厚い雲に覆われて、寒さも一段と厳しくなり
足早に脱渓する途中で来た道を振り返る。
今回の釣行はとても厳しい釣行になりました。
厳しい釣りには気付きが多いので、次回からの釣行に活かしたいと思います。

次の釣りも良い釣りになる事を願って。

□釣行日:2019年4月3日 □天 気:雪一時曇 □状 況:減水・気温3.3 ℃・水温5.0℃ □ロッド:kawasemiロッド2019 □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)□kawasemiミノー2019 □釣果:アマゴ 3匹