卯 月

1週間前の釣行では雪が降り5㎝程度積もりましたが、今回の釣行は春の陽気に包まれて
『卯月』
P4070035.jpg
積もった雪も直ぐに融けたようで、ようやく春らしい色に染まろうとしています。
今回は春の装いの渓をJrと2人で遡行します!
今回は高低差のある流れを登るので、本来なら夏装備で行く場所ですが、ウェーダーで遡行しました。
入渓して一気に高度を上げて・・・
到着したポイントにルアーを送ると・・・ルアーに向けて黒い影が走り、そのままHIT!
『尺岩魚』
P4070038.jpg
今期4本目の尺岩魚が顔を出してくれる。
今回のkawasemiミノーは良い感じに仕上がっています!
写真を撮って、リリースして再び遡行を開始する。
入渓時点では日射しも出て、春らしい遡行でしたが、お昼前から空は雲に覆われて
標高が上がるにつれて気温も下がり
『気温』
P4070065.jpg
まあ、下がったとしても13℃あるので、前回の釣行より10℃上がっています。
高低差のある渓を登っているので、肌寒い位が本来なら丁度良いのですが…
汗を掻きながら遡行を続け、渓魚の活性もかなり良いのでHITは続いて
『岩魚』
P4070076.jpg
最初は高低差のある渓と水量に苦戦していましたが、こんな時のkawasemiミノーの扱い方を教えてあげると、連発でHITが続き。
サイズも良いのが出るので、尺岩魚への期待は膨らみますが、そうは行かず...
私はと言うと、1本目よりも大きな岩魚をHITさせましたが、足元でポトリ...アァ~と叫んでも岩魚は戻ってこず
次の機会に残しておきます…
気をとり直し、再び遡行して次のポイントにルアーを送ると
『HIT』
P4070074.jpg
綺麗な岩魚がルアーにHITしてくれて
観察して、写真を撮ってリリースする。
『流水』
P4070082.jpg
今回の脱渓ポイントまで到着して、ここから登山道を通ってジムニーを目指す。
高低差のある渓を登ったので、下るのもそれなりに厳しい道で
大汗を掻きながら、下山してジムニーに到着した時に、小雨が降り出したので、慌てて渓流装備から服に着替える。
次にこの渓に来る時は、夏装備になってからとJrと話しながら帰路に着く。
夏装備への変更を何時からにするか?
毎年悩みますが、今年は早めに変更できそうな気がします。

次の釣りも良い釣りが出来ることを願って。

□釣行日:2019年4月7日 □天 気:晴れ後曇り □状 況:増水・気温13.6 ℃・水温5.0℃ □ロッド:kawasemiロッド2019 ×2本□リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)カルカッタコンクエスト50S(改) □kawasemiミノー2019 □釣果:岩魚 27匹