真夏日

連日暑い日が続きます・・・
シーズン中はどれだけ暑くても、釣りに行きます。
『真夏日』
P8040006.jpg
渓流でもついに30℃を越えてきました。
今回は真夏日の渓を単独釣行で遡行します!
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 源流釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
今回は何を狙うか?
考えて結果、岩魚からヤマメだったので、アマゴを狙うためにジムニーを走らせる。
目的の渓に到着して、準備を済ませて入渓するが、足で感じる水温が明らかに温い・・・
登ると少しは冷たくなるだろうと思い、先を目指してポイントにルアーをキャストすると
『アマゴ』
P8040007.jpg
綺麗な朱点のアマゴがHITしてくれる。
水温が上がると、ルアーへの反応が下がり、HITしても掛かりが浅くなるのでバラシが増える...
そんな時でも、元気の良い奴が居るので、そんなアマゴを探しながら遡行を続ける。
『渓相』
P8040004.jpg
見た目には涼しげな流れですが、遡行をしていると大汗が止まらない程の暑さです…
遡行の際は、出来るだけ水の中を歩いて、体の熱を冷ましてやる。
そんなことをしながら遡行を続けて、ポイントにルアーを送ると
『HIT』
P8040014.jpg
釣れたのは綺麗な色の元気なアマゴでした。
水温が高い時は緩い流れを攻めるより、強い流れの中で元気なアマゴを探した方が効率が良いので、この要領でそれなりに釣り登る。
登っていても、汗は止まらず...持って行った1㍑の水も残り1/3を切ったので、次のポイントを最後にすると決めて、ゆっくりと流れを登って、慎重にルアーをキャストすると・・・
『朱点』
P8040018.jpg
最後のポイントで良いサイズのアマゴが釣れて、写真を撮ってリリースしてから先を目指すのではなく、脱渓する。
脱渓して、林道を歩いていても汗は止まらず・・・
最後の水分補給をして、一気にジムニーまで下ると決める。
でも、そんな時に限って、面白い物を見つけるもので・・・
『キノコ』
P8040013.jpg
真夏日の林道に綺麗な色のキノコを見つける。
このキノコは多分タマゴタケだと思いますが、素人がキノコに手を出すのは危険なので、撮るのは写真だけです…
写真を撮って、再び林道を下ってジムニーに到着して、暑いので渓流装備を直ぐに脱いで、服に着替える。
その後は、ジムニーのエアコンを最高にして帰路に着く。
真夏日の渓流釣り・・・この釣りも今しか出来ない釣りなので、暑さに負けず頑張ります。

次の釣りも良い釣りになる事を願います。

□釣行日:2019年8月4日 □天 気:晴れ □状 況:平水・気温30.7 ℃・水温15℃ □ロッド:kawasemiロッド2019 □リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改) □kawasemiミノー2019 □釣果:アマゴ 15匹