秋 晴

天気予報を確認して、1泊2日で釣行に行く。
そう、熊撃退スプレーが届いて準備が整ったからでもある。
『秋晴』
P9150051.jpg
そして、今回の写真は脱渓時点の写真を使用しております。
渓流釣行もいよいよ残り僅かになり、悔いを残さない釣行のために源流に向かう
今回はJrと2人で秋空の源流を遡行します!
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 源流釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
駐車地点に到着して、入渓準備を進める
着替えていても、虻に集られることもなく、安心して準備を進められると思った矢先、オオスズメバチが飛んでくる。
すぐさま、赤巻きに火を点けてその場をしのぐ・・・
そして、入渓地点まで登山道を登って入渓地点に到着する。
『FT3D』
P9150044.jpg
新装備の八重洲無線のFT3Dですが、GPSが付いていて、登ったデータを取り帰ってから地図データに落とすことができます。
私は、緯度経度が表示(写真では消しています)されるので、自分の位置を伝えたり標高も確認でき、車では速度(Jrが運転時)も正確に表示されます。
この機能に、気圧計が追加されると渓流釣りや登山の時に最強なんですけどね。
それと防水性能もですが。
入渓地点の高度を確認し、そこから上を目指して流れを登る
遡行を開始して、良いポイントにルアーを送って、アクションを掛けると・・・
『HIT』
P9150028.jpg
良い表情の綺麗な岩魚が釣れました!
最初から岩魚の反応が良いので、これから先に期待が持てます。
岩魚の反応が良いのはよいのですが、前回の釣行の事があり、遡行時の確認が水平面から縦方向の確認も必要になり・・・
『樹々』
P9150013.jpg
遡行する先にある樹々も下から上まで確認して・・・何時もより少し、遡行速度も下がっています。
それでも、岩魚が釣れるとその先に足を向けたくなる…
Jrも警戒しながらの遡行を続け、ポイントからは良いサイズをポンポンと釣って行く
『岩魚』
P9150004.jpg
この季節らしい綺麗な岩魚です。
ここの源流は原生林が残っているので、釣れる岩魚も丸くなっています。
何時ものように、観察して写真を撮ってから元居た流れに帰してやって
ドンドン先を目指します。
気温も下がっているものの、遡行を続けて行くと汗も出る。
飲み物の消費が結構早くて
休憩しながら先を目指して・・・
『渓相』
P9150033.jpg
登る程に水量も減り、特に雨が少なかったのでこの時期にしては減水気味です。
結構浅い岩の間にルアーを落として、誘って釣る。
この繰り返しで、小さな流れを釣り登り
今回の最終点のポイントにルアーを送って、誘って・・・HIT
『秋岩魚』
P9150042.jpg
小さなポイントで釣れた元気な岩魚です。
最後にも良いのが釣れたので、満足の釣行です。
Jrはこの岩魚よりの大きな岩魚を取込み前にバラして、勉強になった釣行だったと思います。
登った流れから、登山道を目指して脇をそれて、熊に警戒しながら山を下る。
そして、下った先の写真が1枚目の写真です。
今回の源流ですが、次回来るのは来シーズンになります。
これから先、今シーズン最後の入渓になるので、大切に釣行していきたいと思います。

脱渓後、宿営地に向って、温泉に入ってご飯を食べて早めに就寝いたしました。
次の釣りも良い釣りになる事を願います。

□釣行日:2019年9月15日 □天 気:晴れ □状 況:減水・気温22.4 ℃・水温12℃ □ロッド:kawasemiロッド2019 ×2本□リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)カルカッタコンクエスト50S(改) □kawasemiミノー2019 □釣果:岩魚 28匹