新 涼

渓流釣行2日目の朝、5時前に目が覚めて釣行の準備を始める。
昨日消耗したフックの補充やリールのメンテナンス等を時間を掛けて・・・
『新涼』
P9160063.jpg
天気はお昼から崩れるとの予報を受けて、宿営地を早めに出発して
流れに着いて入渓準備をしている頃に何故か雨が降り出す・・・
今回は雨の源流をJrと2人で遡行します!
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 源流釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
流れに足を踏み入れて感じた事は、減水していると言うこと。
減水の渓をゆっくりと登って、ポイントを見つけるとルアーを送る
これの繰り返しで、ようやく・・・
『HIT』
P9150008.jpg
動きに素早さはありませんでしたが、それでもしっかりとルアーにアタックしてくれた綺麗な岩魚です。
前日の釣行で、とても反応の良い岩魚を相手していたので、少し難しさを感じます…
雨は降ったり止んだりで、時々激しく降る時もありますが、止んだりもして
『緑』
P9160062.jpg
流れから空を見上げると、まだまだ綺麗な緑色の木の葉が発色してとても綺麗で
こんな木を見上げても、気になるのはツキノワグマで・・・前進する前に必ず確認しました。
注意しながら前進して、新たなポイントが現れるとルアーを送って・・・
『岩魚』
P9150005.jpg
今度は良い感じでJrが岩魚をHITさせました。
釣れた岩魚を観察して、写真を撮ってリリースして遡行を続ける。
良いポイントには必ず岩魚が入っているが、かな反応が悪い
こんな時は色々と試すチャンスでもあり、ルアーアクションを確認して
試行錯誤を続けると、ようやくコンタクトがあり
『紋様』
P9160060.jpg
綺麗な紋様の岩魚が釣れる。
岩魚の紋様の違いを確認するの楽しくなって、今では必ず実施しています
流れにより文様や容姿が異なるのが岩魚釣りの魅力になりました。
岩魚をリリースして再び上を目指そうとした頃になって、雨が急に激しくなってきたので、念のために脱渓する。
脱渓してジムニーに到着する頃には再び雨も止んで、時折綺麗な日射しも出て
『蜻蛉』
P9160065.jpg
少し前まではトンボの編隊も大きなものでしたが、今日の編隊は小規模に変わり、季節の変化を感じました。
遡行時の気温も、夜寝る時の気温も、日々すごし易くなり秋の深まりを感じます。
蜻蛉の写真を撮って、下流を狙おうとしていると、再び雨が降ってきたので釣行を切り上げる。
これから先、秋の深まりに比例して渓魚達の反応も厳しくなる
これから先の釣行も最後まで、良い釣りになる事を願って・・・
次の釣りも安全で良い釣りになりますように。

□釣行日:2019年9月16日 □天 気:晴れ □状 況:減水・気温21.8 ℃・水温12℃ □ロッド:kawasemiロッド2019 ×2本□リール:カルカッタコンクエストBFS HG(改)カルカッタコンクエスト50S(改) □kawasemiミノー2019 □釣果:岩魚 7匹