仕 上

渓流解禁に向けての作業はコツコツと進めてきた
そしてようやく、今シーズンを共にする渓流ルアーが完成する・・・
『仕上』
P2240004 (2).jpg
仕上げと言っても、ただ単にルアーにリップを取付けるだけですが・・・
今回はリップ作製から取り付けまで一気に進みます!
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 源流釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
最近ではリップに使用するのは、サーキッドボードではなくポリカーボネートを使用しています。
理由は耐久性が高いこと!これに付きます。
ポリカーボネートの厚みは1.5㎜と2.0㎜をルアーのサイズに合わせて使用します。
『加工①』
P2240005 (2).jpg
加工方法は金切りバサミを使用して、ある程度まで切り出しておいて
そこから先は金ヤスリを使って、形状を整えて行きます。
こちらの作業も、ルアーの数だけ作らなくてはいけないので、ヤル気スイッチが入ったタイミングに一気に作業を進めていき
『加工②』
P2240006 (2).jpg
ポリカーボネートでリップに厚みが出るので、ルーターを使って少し手を加えていきます。
ポリカーボネートで厚みが出るけれど、必要のない厚みは削っていく感じです。
削った後は100円均一で透明のマニュキュアを塗れば透明になるので、最終仕上げでそこまで実施します
リップの準備が完了すると、今度はルアーにリップ用の穴を開けていくのですが、その前に・・・
『marking』
P2240007 (2).jpg
穴を開ける前に、開ける位置をラッションペンでマーキングしておきます。
マーキングすることで、ルアーが少し笑ったように見えるのですが、穴開け位置を間違わないための安全対策になります
そして、マーキング位置をルーターを使って穴を開けていき・・・
『完成』
P2240008 (2).jpg
厳密には完成とは言えませんが、取あえずリップを取り付けしてみました。
リップサイズや形状は、狙う場所に応じて変更するので数タイプのルアーに分類されていきます。
今晩はリップをウレタン接着剤で完全に取り付けたいと思います。
ルアーのリップ付けの作業に没頭していたら、ワンコと散歩に行く時間になったので、山に向かう。
『夕日』
P2248374 (2).jpg
連休最終日 この時期にしては暖冬の影響で暖かい一日になりました
何時ものように山に行っても、日が沈む時間が格段に伸びています。
解禁まで秒読み段階に入った感はありますが、最後まで気も手も抜かずに準備を進めていきたいと思います。