芽 吹

在宅勤務や外出自粛・・・これまでに無い日々が続いている
せっかくの休日も天候に恵まれる事もなく、曇り空の下を目的地に向けてジムニーを走らせる
『新緑』
P4190028 (2).jpg
山に来ると、変ってしまった日常からこれまでの日常に戻る事ができ
今回は新緑の渓流をJrと2人で遡行します!
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 源流釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
流れについて、支度をする頃に雨が降り出すが、気にすることなく支度を済ませて入渓する。
前日の雨で増水した流れを遡行して、ルアーをキャストするが反応が無く・・・
反応が無い時の遡行は不安に包まれるが、遡行を続けるとようやく
『HIT』
P4190012 (2).jpg
綺麗な色のアマゴが勢いよく飛び出してHITしてくれました
気温も水温も上がっているので増水しも問題ありません
写真を撮って、リリースしてから再び遡行を開始する
『流水』
P4190010 (2).jpg
増水したとは言え、雪解け時と比較すると問題もない流れで、慌てずゆっくりと遡行を続けて
出てきたポイントにルアーを送ってチェックする。
この動作の繰り返しを続けて行くと
『アマゴ』
P4190014 (2).jpg
体色を見ると、春の走りのような色を纏っていますが、ルアーへの反応は文句なしに夏パターンだったとのこと。
ヒレピンの綺麗なアマゴが釣れると、それだけで満足することが出来ます
個体により朱点が分かりにくい魚もいたりと、アマゴも岩魚同様に釣れる河川や個体による違いが多いと思いますので、それを確認しながら釣り上るのが楽しかったりもします。
アマゴを流れに返してやり、再び遡行を続けて行く、遡行距離に比例してHITの数も増えていくがサイズの方は下がっていき・・・
『アベレージ』
P4190018 (2).jpg
最終的にはこのサイズがアベレージサイズになる
そんな感じで油断をしていると、アベレージサイズを蹴散らして横からルアーにアタックしてくる大型も居るのですが、油断していてHITしても即バレになったり・・・油断大敵です。
その後も登って、脱渓地点に到着したので崖を登って登山道に出る
今日の釣りを振り返りながら、2人で山を下って行き
『芽吹』
P4190020 (2).jpg
登山道の脇に綺麗な芽吹を見つけて、休憩ついでに写真を撮る
これから先、山は一気に緑に包まれて・・・渓流も最盛期に近づいていくので、これからの自然の変化に期待をしたい思います。
次回も良い釣りができることを願います。

□釣行日:2020年4月19日 □天 気:曇り □状 況:増水・気温10.6℃・水温7.0℃ □ロッド:kawasemiロッド2019×2本 □リール:カルカッタ コンクエストBFS HG(改)・カルカッタ コンクエスト50S(改) □ kawasemiミノー2020 □ 釣果:アマゴ 16匹