薫 風

季節は初夏に向い確実に時間を進めている。
今年の渓流釣りは、コロナウィルスによって例年のような釣行は難し状況ですが、少しですが徐々に解除になってきました
『薫風』
P5200010 (2).jpg
今回は新緑で蔽われ樹々の中をJrと2人で遡行します!
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 源流釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
先日の釣行もそうですが、今回の釣行でも渓にはこれまで見たことの無い数の釣り人が居る
解除になって、やりたいことは皆同じと言うことで、誰も入っていない流れに入渓する。
『気温』
P5200019 (2).jpg
気温は前回と違って、夏装備で遡行するには寒い位で
日射しも出る事が無い肌寒い釣行になる
入渓して、ルアーを流れに送ってやると・・・!
1投目で直ぐに反応が有り
『HIT』
P5200006 (2).jpg
釣りに行けない期間に これまでに作って使うことなく保管していたルアーにリメイクをした5年前のミノーでのHITです!
5年間にルアーの形状やバランスはかなり変わりましたが、今でも問題なく使用できます。
釣れた岩魚に感謝して、リリースしてから再び先を目指します。
登って狙って再び登って・・・久々に何時もの釣りのペースになり、良い感じで魚も反応してくれて
『岩魚』
P5200002 (2).jpg
綺麗に発色する苔のベットに岩魚を乗せて、写真を撮って観察する
丸々とした体形で、活発に活動していることが分かります。
その後も岩魚のHITは続いて、このまま岩魚で終わるのか?と思ったところに・・・
『ヤマメ』
P5200020 (2).jpg
Jrも確実にHITを増やしながら釣っているのですが、悔しくなる位に良いサイズのヤマメを連発して釣って行きます。
私も負けじと頑張って狙いうのですが、数は出るけどサイズが上がりません…
釣れた感覚やら釣れた瞬間のルアーの動きやらを話しながら遡行を続けて
『渓相』
P5200026 (2).jpg
1日前に降った雨の影響を受けて、水位は何時もより高めです
日射しが照り付けてくれると、新緑のスクリーンに透過した優しい日差しと苔の緑が同調して、良い雰囲気になるのですが・・・
それは次回の楽しみに取っておきます。
で、この流れの先にある、最後のポイントにJrがルアーを送って、誘っていると
良いサイズが2匹ついて来てる!とのことで、どうなるか見ていると・・・
『HIT!』
P5200030 (2).jpg
2匹の内で小さいヤマメをHITさせました。
計測すると28cm・・・大きいのなら確実に尺越えてたのに・・・
こんな経験を繰り返しながら、良いのが釣れるようになるので何事も経験です。

釣れたヤマメを観察して写真を撮ってリリースする。
秋にまた逢えることを願って。
そこから脱渓ポイントまで山を登って林道に出る。
林道を抜けて車まで、今回の釣りを振り返りながら山を下って帰路に着く。

次の釣行は天気に恵まれて、良い日差しの中の釣行を願いたいと思います。

□釣行日:2020年5月20日 □天 気:曇り □状 況:増水・気温12.9℃・水温10.0℃ □ロッド:kawasemiロッド2019×2本 □リール:カルカッタ コンクエストBFS HG(改)・カルカッタ コンクエスト50S(改) □ kawasemiミノー2020・2015 □ 釣果:ヤマメ 24匹 岩魚 11匹