山の日

山の日は、山の恩恵に感謝する日...と言う事で、もちろん行きましたよ! 山にね。

『山の日』
P8110006.jpg
今回の渓はこれまでに行ったことのない支流です。
数日前から地形図を見ながら、渓の感じをイメージしておりました
今回は初めての支流を遡行します!

続きを読む

緑 陰

宿営地での目覚め、前日の夜はリールのメンテと追加で自作トリプルフックを巻いていた。
朝食と身支度を済ませると本日の目的地に向けて、ジムニーで走り出す
今回のポイントに到着して、早速入渓する。

『緑陰』
P8020057.jpg
前日の渓と違い、水量は豊富で水押しも強い
それでいて、夏の陽射も緑のスクリーンで守ってくれる
今回は緑陰の渓を遡行します!

続きを読む

雷 雨

未明になった雷と雨、雨量は短時間だったがかなりのもので、窓から入る雷光を見ながら再び就寝する。
そして、目が覚めると雷雨はどこ?と言った感じで晴れ混じりの曇り空となる。

『空』
P7300008.jpg
もちろん、雨が上がれば釣りに行く
渓から見上げた空は、時々陽射が降り注ぎ、湿度の高い渓を今回は遡行します!

続きを読む

炎 暑

夜更けに降った猛烈な雨で一旦目が覚めて、再び眠りにつく
朝目が覚めると、曇り空ではあるが雨は降りそうにない・・・ならば迷わずに行こう!

『炎暑』
P7260005.jpg
目的地に向かうまでの道のりは、ジムニーの窓を全開で走っていると肌寒いぐらいで
道路脇の温度計は21℃を表示する。
今回は快適釣行になる事を信じて遡行します!

続きを読む

雲 行

釣行前のお天気チェックは毎回必ず行う。
特に最近の天気は天気予報だけでは分かりにくい日が続いています。
今回の釣行は窓を開けて、ミスチルのHANABIを聴きながら目的地を目指す。(ドラマ見ました)

『雲行』
P7190044.jpg
準備を済ませて、入渓する前に空を見上げる…
雲行はどうか? とりあえず行ける! そう信じて遡行開始です!

続きを読む